小説のために

小説を書くための機材やソフト、サービスなどを記録しています

小説に対する最近の取り組みをご紹介します(2019年10月版)

2019年10月現在、さくら書院は、どのように小説と向き合ったのでしょうか。

公表できる範囲内で、お知らせしておくことにしましょう。

 

まず、10月の報告を11月5日にしていることからもわかるように停滞がありました。

風邪とアレルギーで1ヶ月ずっと進捗はほぼ止まっていました。

身体大事ですね。さて…。

 

「パーティーを定年退職させられましたがまだまだ冒険者やってます」はクライマックスへ!

葛城真実名義。老人主人公のハイファンタジーです。かつて「国一番の槍遣い」で魔王討伐にも参加したことのあるガストン老人が、復活した「魔王」と再度戦うお話です。「同い年のエルフ」「回復魔道士の女の子」などが登場します。

クライマックスへ向かうところで風邪で執筆が停滞。10月末頃から復活して書き継いでいっていますが、多くの読者を失いました。後半から読んでも楽しめるよう工夫しておりますので、未読の方は、今からでも、応援お願いいたします。

今後、コンテストに登録できるよう改稿していく予定です。

kakuyomu.jp

公募小説へ向けて「警備員小説」の執筆を開始。今後公開します。

さくら書院では、継続して、公募小説にも挑戦中です。現在執筆中の「警備員小説」プロトタイプは公開しながら執筆してもいいのではと思えてきましたので、後日公開の予定です。

  Amazonでは電書を公開中

 

 Amazonでの電書は Kindle Unlimited 利用者中心の展開です。無料で読めますのでお試しくださいませ。

なお、Kindle Unlimited 未加入の方がご購入いただいても喜びます。よろしくお願いいたします。

デイトリッパー (さくら書院)

デイトリッパー (さくら書院)

 

 

 

祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

 

 

 

 ということで、最近の活動報告でした。

安物買いをするなら、世界はほとんど中国だ

 

 プロジェクターを買ったが、初期不良HDMI 接続を認識してくれず、サポートに電話したら、おそらく中国の方だろう日本語がたどたどしい男性が出てきて、「担当は不在」だと言った。サポートに電話して不在といわれても困るので、それなら返品させてほしいというと、返品オーケーとなった。

しかし、返品・返金処理が終わってから、電話では不在だった担当氏が、延長保証のための処理はこちらと、添付ファイルを送りつけてくるのだ。

返品した商品の延長保証をしろと。しかもウイルス感染している可能性もあるバイナリ(pdfだが)の添付ファイルを開いて…。

おかしな対応だし、これからも添付ファイルがメールされたらセキュリティ上嬉しくないので、Amazonにメール停止の対応できるかきいてみたのだ。報告機能あるように書いてあるし。

中国の方とおぼしき名前の方とチャットでやりとりしたが話は噛み合わなかった。日本語がおぼつかない感じだ。結論として、Amazon側でメールを止めるすべはないとのことであった。ああ、報告してくださいと書いてあったけど報告機能は実質、稼働してないのねと。寂しいけど仕方ない。企業にはできることとできないことがあるし、ソフトウェアにはバグがあるし、表記には間違いが往々にしてある。

 

このちょっと疲れるやりとりのなかで私が思い知ったのは「安物買いをするなら、世界はほとんど中国である」ということだ。慣れなければならない。

メーカーも中国、サポートも中国、ショップにクレームを言っても中国。

中国が技術力が高くて、量産技術も持っていて、安い価格でものづくりができて、流通させられるからだ。サポートは弱い。でも、それが安物買いの代償だし、中国ということなのだ。

べつに中国の方を差別したいとか思っていない。安かろう悪かろうはまあ当然のことだし、それでもガンガンとモノやサービスを作って売ってる中国は尊敬さえしている。

だけど、いつか日本のクオリティのものを買える経済力に戻したいね、自分とは思う。

結論の弱い話におつきあいいただいて申し訳なかったが、結局は自分がほとんど中国に住んでいるということなのだ。私は中国にいる。日本ではなく。

 

キャッシュレスでつくポイントなんぞに惑わされるな現金は最高の決済方法である

表題の結論にたどり着いた。

あなたが金持ちでスーパーマーケットや個店で買い物をしないというのなら別である。あなたはクレカ払いだけでよい。

しかし、あなたがスーパーマーケットや個店で買い物するなら、やはり、キャッシュレスでつくポイントなんぞに惑わされるな現金は最高の決済方法である。

現金以外が使えない店は未だにけっこうあるし、そもそもクレカ払いにはリアルタイム性がないから不便だ。

2%、5%還元なぞ誤差のうちだ。物価はすでに便乗値上げされているし、還元は2020年6月には終わる。その後はまた現金払いの利便性が見直されていくだろう。即時決済で、日本銀行のお墨付きがある。

 反論があればコメントいただきたい。私はわりと容易に考えを変えるほうである。

買い置きしていたドクターペッパーを賞味期限切れで捨てる

 夏のはじめにいい気になって、ドクターペッパー500ml✕24本を2ケース注文したのだ。ドクペは好きだし、ひと夏あれば飲みきれると思っていた。

届いた商品の賞味期限が秋なのも、飲んでみて、それまで飲んでいた輸入品よりも若干炭酸が薄い風なのも気にしないでいた。

あの頃、私は夏がなんでも解決してくれると思っていたのだ。

コカ・コーラ ドクターペッパー 500mlPET×24本

コカ・コーラ ドクターペッパー 500mlPET×24本

 

しかし、夏が終わり、秋になっても20本ほどドクターペッパーが残っていた。

 ドクペ好きだけど毎日だと飽きるし、1本に角砂糖13個ほどの糖が入っているのも夏の間に知って、無糖飲料ばかり飲むようになっていた。

 

秋にもうひとつ変わったことがあった。健康診断の結果が思わしくなかったのだ。ドクターペッパーのせいだとは言えない。しかし、スケープゴートは必要だ。何かを止めることで健康志向に変わったことを示さねばならない。

 

そして、賞味期限が切れて1月近く経った今日、私は台所のシンクにドクターペッパーをドボドボと流して捨てた。

 

夏の夢は終わり、物憂い秋がやってきている。そして台風一過の曇天に、私は冬将軍の足音を聞いた気がした。

 

もう「ドクペ最高~!」とか言ってる場合ではない。食事に気をつけていかないと私は近いうち病に倒れるだろう。

小説に対する最近の取り組みをご紹介します(2019年9月版)

2019年9月現在、さくら書院では、どのように小説と向き合っているのでしょう。

公表できる範囲内で、お知らせしておくことにしましょう。

 

「パーティーを定年退職させられましたがまだまだ冒険者やってます」で「オーバー30歳主人公コンテスト」からリタイア

葛城真実名義。老人主人公のハイファンタジーです。かつて「国一番の槍遣い」で魔王討伐にも参加したことのあるガストン老人が、復活した「魔王」と再度戦うお話です。「同い年のエルフ」「回復魔道士の女の子」などが登場します。開発拠点をカクヨムに移し、「オーバー30歳主人公コンテスト」にも参加していました――しかし、規定の文字量まで届かなかったためにリタイアしました。

物語は後半に突入。これから盛り上がっていくはずです。なお、後半から読んでも楽しめるよう工夫しておりますので、未読の方は、今からでも、応援お願いいたします。

他のコンテストに登録できるよう質、量ともに上げていく予定です。

kakuyomu.jp

公募小説はぼちぼち

さくら書院では、継続して、公募小説にも挑戦中です。純文学ジャンルで「未公開に限る」という限定があって、誰にも見せていません。6月に執筆をはじめましたが、7月からは停滞して、さして進みませんでした。焦っております…。9月もぼちぼちであまり進みませんでした。来年かな、これは…。

  Amazonでは電書を公開中

 

 Amazonでの電書は Kindle Unlimited 利用者中心の展開です。無料で読めますのでお試しくださいませ。

なお、Kindle Unlimited 未加入の方がご購入いただいても喜びます。よろしくお願いいたします。

デイトリッパー (さくら書院)

デイトリッパー (さくら書院)

 

 

 

祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

 

 

 

 ということで、最近の活動報告でした。

最終的には最高のゲームだったという NieR:Automata

 途中で挫折しそうになり、文句を言っていた時期もあるが、最終的には NieR:Automata は最高のゲームだったという結論にしておきたい。

 一例をあげれば下記の逆光のなか支援メカと共に佇むアンドロイド少年の姿。体躯に不釣り合いな巨大な斧と、その不自然を納得させるべく描かれた足元と斧の光輪。背景右手に小さく描かれた敵影はこれから起きるであろう戦闘を暗示し、画面に軽い緊張感をもたらしている。

 こうした映画やアニメで1シーン、いや1カットでもあれば神だなと私が思える描写がこれでもかと登場するのである。素晴らしすぎだ。

 2017年発売のゲームだが、まだ販売しているので、実プレイの方はぜひ遊んでほしいと思う。

 

f:id:sakura-shoin:20190919135509p:plain

NieR:Automata より

 

クラッキング・ゲームがつまらなすぎてクラッキングで進める NieR:Automata

NieR:Automata on Steam をやっている。PS4から移植されたPCゲームだ。

store.steampowered.com

このゲームにはロボットをハッキング(クラッキング)してお話を進めていく場面があるのだけど、そこはもう凄く退屈だし、操作性は悪いしで、クソゲー化していると思っている。

 

そこで、PCゲームならではのチート(Trainer)を使って進めることにした。

怪しいファイルを落として、ウイルス対策ソフトで検査してから導入。

fearlessrevolution.com

 

Infinite Hacking time という機能を使って、クラッキングをかける。

時は止まり、無限にハッキング(クラッキング)時間ができて、私は難所を超えた。

 

さて、小説を進めるかなと…。

プレステ買えって話

 

「Steam で DEAD OR SCHOOL を買う」https://sakura-shoin.hatenadiary.com/entry/2019/07/14/094844の続き。

 

このハクスラゲーをするために、あたかもPlayStationゲームパッドであるかのような設定をすることになった。それ以外だと操作できない。

 

設定したからといってうまく操作できてるわけでもないのだけど、キーボードだけで操作するのとかぜんぜん無理なのである。

 

これは、PlayStation買えっていうお告げではないかと思うしだいです。

 

PlayStation 5が出たら買ったほうが良さそうですね(4を買うにはあまりに時期が悪いキーボードがする)。

あなたの家や職場の夏場の電気代が高すぎる意外な原因 チェックしてみてください

夏場の電気代が高すぎて家計を圧迫しています。今年から使い始めた冷凍庫のせいでしょうか。それも少しはあるのでしょう。でも、本当の原因は別にあることを私は知っています。

 

デブがいるからです! デブがいるとエアコンの設定温度を22度したりして、電気代がかさみます。我が家は2人家族ですが、二人ともデブなのです。別の部屋で過ごすと設定温度22度が2部屋となり、エコから遠ざかります。しかし、夏場のデブはひと部屋にいたがりません。デブを見ているだけで暑苦しいからです。何という近親憎悪。あるいは両雄は並び立たず。

 

せめて冬は安上がりに過ごせたらと思っています。しかし、我が家は2人とも寒さに弱いデブなんですよねえ。やれやれ…。

執筆用PCはゲームに向かないが今更、グラボは増設できない件

  ゲームはやらない人だったのだけれど、執筆用PCにインストールしてやってみたらゲームは面白い。まずはアニメを観る時間を削り、小説を書く時間も削られかねない塩梅である。

 執筆用のPCはグラボが入っていないし、増設するようにできていないが、より美麗な画面でゲームしたいなと思い始めた。

 最後の手段として、USB経由でグラボ増設できないかしらんと思って調べてみたが、これもムリなようだ。USB3.1ではなく、Thunderbolt3 でないとグラボの外付けはできない。

 Thunderbolt3 のほうがUSB3.1 Gen 2 の上位互換だ。

 コネクタ形状はUSB-Cとして提供されるため違いがわかりにくいが、転送速度が違う。

 USB3.1 Gen 2の転送速度は上限が20Gbpsである。これに対して、Thunderbolt 3は40Gbpsで通信できる。通信速度2倍である。

 周辺機器への100Wの電力供給もThunderbolt3 はサポートしているが、USB3.1 Gen 2 はサポートしていなかったりする。

 Thunderbolt 3をベースにしてUSB 4.0規格が作られる。ああ、まさに上位互換だね。

「だからUSB経由でもグラボは繋がらないのかあ…」

 とがっかりした。

 もともと執筆用だから仕方ないけど(実に悔しい)。

 

このブログはさくら書院の書籍宣伝のために更新されております

さくら書院の電子書籍はAmazon Kindle Storeにて販売中です

姫騎士エリザベート: 名誉戦争 (さくら書院)

姫騎士エリザベート: 名誉戦争 (さくら書院)

  • 作者: 葛城真実
  • 発売日: 2018/01/19
  • メディア: Kindle版
 
デイトリッパー: 終末世界を旅する少女 (さくら書院)

デイトリッパー: 終末世界を旅する少女 (さくら書院)

  • 作者: 葛城真実
  • 出版社/メーカー: 葛城真実
  • 発売日: 2014/07/20
  • メディア: Kindle版
 
祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

祖母の死と手招きするタオル (さくら書院)

  • 作者: 葛城真実
  • 出版社/メーカー: 葛城真実
  • 発売日: 2013/05/23
  • メディア: Kindle版
 
デイトリッパー(愛蔵版) (さくら書院)

デイトリッパー(愛蔵版) (さくら書院)

  • 作者: 葛城真実
  • 出版社/メーカー: 葛城真実
  • 発売日: 2013/06/05
  • メディア: Kindle版
 
世界なんてとっくに終わってる!: 終末テーマ小説二題 (さくら書院)

世界なんてとっくに終わってる!: 終末テーマ小説二題 (さくら書院)

  • 作者: 葛城真実,妻良木美笠
  • 発売日: 2015/11/28
  • メディア: Kindle版